人気ブログランキング |

勤労感謝のメッセージカード

金曜日、息子の幼稚園の手提げバッグの中身を出していたら、なにやら、工作物?が入っていました。

2つ折りのカードになっているみたい?

開いてみると、

「ままえ、いつもあらいものしてくれてあ」(あ、で切れていました。)
「ぱぱえ、いつもぱそこんでしごとしてくれてありがとう」

とういメッセージが書かれた、カードでした。

カードを閉じて、素知らぬ顔をして、息子に「なにこれ?」と差し出したら、「これ、中、見てみて!」という。

カードを開いて、再び、メッセージを読みました。

幼稚園で書かされたのでしょうが、息子からのメッセージ嬉しかったです。

私がいつも、「洗い物したくない~」と言っているのを覚えていたものと思われますし、夫のしごとぶりをおもんばかったメッセージもよかった。

ようし、洗い物頑張ろう。

# by ebineko7 | 2019-11-24 11:41 | 育児つれづれ | Comments(0)

風邪の日のお手伝い

水曜日の夜、私は風邪をひきました。

くしゃみと鼻水がとまらず、頭がいたい。

つらい。

それでも頑張って、お夕食(カレー)を作りました。

で、息子、「○○(←息子の名)がやることある?」という。

「ない。」と答えると、

「これから何を作るの?」という。

「お味噌汁」と答えたら、息子、「○○が手伝ってあげる」という。

(カレーにお味噌汁を作ったのは、お味噌汁は翌日のお昼用なのです。)

え~、風邪でつらいのに、息子の面倒なんかみてられない。勘弁してくれ、と思って、

「ママ、風邪ひいているからさー、やらなくていいよ」と言いました。

すると、「ママ、風邪なんでしょ?○○が手伝ってあげるよ」とおっしゃる。

もう、自分が手伝うと私が助かると思い込んでいる。

まじで、まじで、勘弁してほしい。

私は具合が悪いんだ!!!

・・・と思いましたが、息子のピュアな思いやりを尊重して、お味噌汁づくりを手伝ってもらうことにしました。

手伝うと言っても、私が息子の包丁さばきとかを見張っていなければいけないので、私の作業はいつもの3倍以上の負担になります。

やっとこさっとこ、お味噌汁の具を用意してもらい、息子は満足してリビングに戻っていきました。

はー、つらかった。

息子の優しさを尊重しましたが、本当につらかったです。

唯一よかったことは、メニューをカレーにしたことです。

たくさん作ったので、翌日は1日寝ていて食事はカレーを温めなおして食べました。

# by ebineko7 | 2019-11-24 10:23 | 育児つれづれ | Comments(0)

Happy Halloween!

10月31日からだいぶ日にちが経ってしまいました。

10月31日のハロウィンの日、幼稚園のママさんの提案で、ハロウィンパーティをしました。

パーティといっても、公園で、お菓子の詰め合わせを3箇所で配る、というものです。

(集会所が予約できなくて、公園での開催になった。)

お菓子の詰め合わせは、一袋に、おせんべいやキャンディやハイチュウが4つくらい入ったものです。

31日の幼稚園の朝のお見送りが終わった後、お手伝いできるママさんが集まって、スーパーで袋とお菓子を買って、袋にお菓子をつめて準備をしました。

10人くらいのお手伝いのママさんが集まったので、あっという間に準備ができる。

で、幼稚園が終わりまして、公園に移動して、ハロウィンパーティです。

仮装は簡単にするよーとのことだったので、息子には100均で買ったこうもりのカチューシャをつけさせました。

公園についてみると、女の子、みんなドレスに仮装している!

ティアラもつけている子や、妖精の羽を背中につけている子もいて、みんなお姫様です。

みんなかわいい~。

男の子のママさんの私達は、「女の子いいよね~。オシャレさせるの楽しいよね~」と羨ましがっていました。

不思議なことに、お姫様の子達のドレス、みんなそろって水色でした。

シンデレラのイメージなのかな。

で、ハロウィンパーティが始まりました。

私、お菓子を渡す係を任される。

少し隠れた場所にいたつもりが、すぐに見つかり、「トリック・オア・トリート!!!」と叫ぶ子ども達にあっという間に囲まれる。

「お菓子をもらった子は下がって~」と言って、お菓子をわたしていきました。

混沌としたまま誰にお菓子をわたしたのかもわからなくなって、お菓子をわたしてしまったので、一列に並んでもらってお菓子を渡せばよかったです。

まぁ、お菓子を2回もらうような不正をする子がいなかったので結果オーライですが。

お菓子、3袋で1人100円もしない程度のものでしたが、子ども達、すごく喜んでいました。

こんなに喜んでくれるんなら、小学校上がったら私主催でハロウィンパーティやろうかな。

企画してくれたママさんに感謝しつつ、ハロウィンを楽しんだのでした。

# by ebineko7 | 2019-11-24 04:46 | 育児つれづれ | Comments(0)

今はチャンスの時代

秋のお彼岸のときのお話です。

我が夫は長男でして、お盆やお彼岸の日は、親戚(叔父、叔母)がお線香をあげに我が家に来てくださいます。

で、元カメラマンの叔父のお仕事の話になりまして。

叔父は、今、シルバー人材センターで紹介された仕事をしています。

仕事内容をきくと、ものすごい体力仕事で、しかもお給料はお安いみたいです。

カメラマンの技術があるのに、それを活かさないのはもったいない!

私の結婚式のとき、叔父が写真をとってくれて、他の出席者からもらった写真と比べるとやはりプロ、群を抜いてよく撮れていたのです。

シャッターチャンスも逃さずに撮っていてくれて、ありがたかったです。

で、お彼岸の日、「カメラマンの仕事をしたらいかがですか?」と話を降ってみたら、「もう年だから。求人も若い人なんだよね」みたいな回答でした。

で、「ご自分でHPを作って、作品をアップして、直接仕事をとればいいんじゃないですか?」と言ったら、「最近の作品がないから。」とのお返事。

そんなの、今から撮ればいいじゃない!、と思いました。

例えば、着物姿で、着物姿にあったポーズを指示して写真を撮ってくれるカメラマンがいたら、すごく需要があると思うんですよね。

着物の着付けとヘアメイクができる人とタッグをくんで、トータルで着物姿の写真を撮るサービスをしたら、私だったらすごく利用したいです。

着物姿の写真なら、若い人より年配者の方が安心感もありそうだし。

今の時代、工夫次第でいくらでも仕事のチャンスはあると思うのに、もったいない。

叔父に、「HPだったら、○○(←夫の名)が作れますよ~」と言ったのですが、全然心をうごかされなかったみたいです。

ほんとーにもったいない!

私の説明の仕方も足りないところがあったかもしれませんが、私が叔父の技術を持っていたら、着物姿の写真を撮る専門のサービスを始めると思います。

次のお彼岸のときに、もう一度話を振ってみようっと。

# by ebineko7 | 2019-11-24 04:26 | その他 | Comments(0)

かけっこ教室に行く

幼稚園が終わったあと、園庭で、かけっこ教室を開催するという。

1時間のレッスンを2回します。(2週にかけて行う。)

運動会で、息子の走り方が本当に不器用な走り方だったので、さっそく申し込みしました。

で、息子に、「かけっこ教室に申し込んでおいたからね。来週から2回行こうね。」と言ったら・・・

なんと!

「○○(←息子の名)、足速いのに、なんでかけっこ教室に行くの~?」と言いました。

なんですって!?

自分が足が速いと思っていらっしゃる???

運動会のリレーで、抜かれたりしてたじゃん。

よく、自分が足が速いって思えるよなぁ。

で、このやりとりをきいていた夫が、「かけっこ教室に行けば今よりもっと早くなるよー」と超ポジティブな声掛けをして、かけっこ教室に行くことになりました。

ところで、今回のかけっこ教室、1時間2回で3,000円だったのですが、他のママさんによると、「かなり安い」そうです。

そうなんだー。

とりあえず、幼稚園が終わったあと、一旦家に帰り、かけっこ教室のために園庭に向かいました。

20人くらい集まったでしょうか?年中さんと年長さんの合同クラスです。

かけっこ教室1回目が始まり、まず、きれいな姿勢と、腕の振り方を習いました。

息子、うでの振り方がめちゃくちゃなので、先生の言う通りに改善してほしいのですが、全然治そうとしない。

先生、すごくいいこと言っているんだけどなー。言っていることがこころに響いていないみたいです。

で、先生が、「この中で一番かけっこが速いと思う人!」とみんなにきいたら、「ハイ!ハイ!ハイ!」と全員の手があがりました。

どうやら、自分が足が速いと思っている子、息子だけじゃないみたいです(笑)。

この年だとこんなもんなのかな。

とりあえず、腕の振り方がなおらないまま、第一回のかけっこ教室は終わりました。

息子に、「うでの振り方がおかしいよ。腕の振り方を直せばもっと早くなるよ」と声掛けしましたが、馬耳東風、という感じです。

今思ったのですが、息子の走り方をビデオにとっておいて見せればよかった。

さて、1週間経って、かけっこ教室第二回。

今日は、はしご状の一定間隔で区切られた中を走って(ラダートレーニング)、ピッチを早くしようという練習です。

この練習、すごく効果があって、みんな速くなりました。

息子も、腕の振り方は相変わらず悪いながらも、スピードが速くなりました。

うーむ。プロが教えると違うな~。

1人、もともと結構足が速いのに参加している女の子がいて、帰りに、女の子のママさんに、「Aちゃん足速いのに、なんでかけっこ教室?」ときいたら、「リレーの選手になりたいんだって。」とのことでした。

う~む。目標を持って、きちんと努力している。素晴らしい!

うちの息子なんか、将来の夢は「さっかーせんしゅ」といいながら、サッカークラブに入ろうともしていないよ。

話をもとに戻しまして、かなり速くなった息子達、ストライドを大きくする練習もしました。

かなり速くなりました。

しか~し、もっともっと先生のいうこときちんと聞いていればもっと速くなれるのに。

見ていてもどかしいです。

もうちょっと大きくなって、自分が足が遅いことに気づいてから参加させたほうがいいのかなーと思いました。

すごくモヤモヤしたかけっこ教室なのでした。(先生の指導自体には満足しましたよ。)

# by ebineko7 | 2019-11-13 05:13 | 育児つれづれ | Comments(0)

伊勢神宮参拝記

11月3日(日)に伊勢神宮に参拝に行ってきました。

伊勢神宮に、内宮、外宮の違いがあることも知らなかった私。

そこで、神社巡りに詳しい友人に、お伊勢さんの正しい参拝順序を教えてもらいました。

外宮→内宮の順序でお参りするのは、皆さんご存知のとおりです。

しか~し、それだけではお伊勢さんの理想的な参拝順序とはならないのです。

まず、お伊勢さんに行く前に、「二見興玉神社」に参拝して身を清める必要があります。

その後、伊勢神宮の外宮→内宮をお参りします。

お伊勢さんを参拝したら、「朝熊岳金剛證寺」(あさまだけこんごうしょうじ)にお参りします。

二見興玉神社を参拝することはそこそこ知られていますが、朝熊岳金剛證寺にお参りにいくのはあまり知られていないのではないでしょうか。

しかし、「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」とうたわれているとおり、朝熊岳金剛證寺にお参りに行くのは重要なのです!

というわけで、伊勢神宮を参拝する旅に出かけました。

では、レッツゴー!

参拝前日に、鳥羽の「彩りめぐりの宿 彩花亭」に移動し、一泊した私達。

鳥羽に行く際、二見を通ったら、「11月3日(日)は大学駅伝があって交通規制があります」みたいな掲示がされていました。

え~、駅伝で交通規制があるの???

「彩りめぐりの宿 彩花亭」に到着した私達、夫がさっそく従業員さんに「明日駅伝で交通規制があるみたいなんですが」ときいてみる。

すると、駅伝は、熱田神宮から伊勢神宮内宮まで通るルートらしく、「12時~午後1時くらいまで内宮は規制がありますよ」みたいなお返事でした。

ふうむ。

夫は、「まぁ、なるようになるでしょ」みたいなことを言いました。

で、翌日のチェックアウトのときに、フロントの方に、駅伝の交通規制のことをきく。

やはり、内宮近くが12時~午後1時くらいまで規制されるという。

そして、なんと、「(外宮ではなく)内宮から回ったらいかがですか?」という。

いやいや、順番大事なので、と答えました。

後で、夫に、「内宮から回るのは邪道だよね」と言ったら、夫、「何回も行っている人はいいかもしれないけど、初めてだからねぇ」というお返事。

まぁ、当初の予定通り、二見興玉神社→伊勢神宮外宮→伊勢神宮内宮→朝熊岳金剛證寺とまわることにしました。

まずは、二見興玉神社に参拝します。

二見興玉神社につきました。

有名な夫婦岩があることもあり、結構な人出でした。
伊勢神宮参拝記_b0268916_06295395.jpg

出た~。夫婦岩。
伊勢神宮参拝記_b0268916_06300389.jpg

無事、二見興玉神社を参拝しました。

(本当は、身を清めるなら、「無垢塩祓い」を受ける必要があるらしい。)

さてさて、ついに伊勢神宮の外宮を目指します。

二見興玉神社から車で20分くらいでした。

外宮はあまり混雑していなかった。

外宮の正宮を参拝しました。

正宮を参拝したあと、歩いていたら、石のまわりにしめ縄がはってあって、みんな写真をとったり、手をかざしたりしている。

気になったので、私も写真に収めました。
伊勢神宮参拝記_b0268916_06362699.jpg
なんだろう、これ?

と思って今、検索してみたら、「三つ石」という名前で、外宮で出会う最初のパワースポットらしい。

式年遷宮が行われるときは、神宮祭主が祓い清める場所となるため、正式名は「川原祓所」(かわらはらいしょ)と言うそうです。

なるほど、写真を撮っておいてよかった。

さて、外宮を後にして、内宮に向かいました。

内宮についたのはよいけど、すんごく遠い、河原沿いの駐車場にとめることになりました。

すごく歩いて、やっとおかげ横丁につきました。

おかげ横丁の食べ歩きをスルーして、内宮につく。

五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)で、手を清めました。

五十鈴川に手を入れて、手と口を清めるのです。

川に深さがあるので、息子が川に落ちるんじゃないかとヒヤヒヤしました。

内宮のご正宮でお参りをします。結構な人が並んでいました。

やっと順番が回ってきたので、私は、たくさんたくさん祈りごとをしました。

お参り後、神楽殿で、「心願成就」のお守りを買いました。

霊験あらたかな気がする。

お守りも買い、満足して、おかげ横丁にもどり、赤福内宮前支店で赤福を食べることにしました。

私はぜんざいが食べたかったので、ぜんざい1つと、赤福2つが乗った「盆」を2つ頼みました。

注文してから10分くらいで、注文したぜんざいと赤福が運ばれてきました。
伊勢神宮参拝記_b0268916_06415212.jpg

ぜんざい、おいしかったけど、息子に半分以上とられてしまった。

さて、赤福を堪能している間に、内宮付近の車の交通規制になる時間になりました。

また、歩いて歩いて、駐車場の車にたどり着く。

息子は、「疲れた~、疲れた~」とブーブー言っていました。

まぁ、6歳男児に神社巡りは興味ないもんね~。疲れたって言うのも仕方ないかな。

車を出すと、駐車場にいる警備員さん?が、「今、交通規制をしていますよ」という。

夫が、「カーフェリーの方に行きたいんだけど」と言うと、「そっちは大丈夫」と言って、通してくれました。

さて、次は、「朝熊岳金剛證寺」を目指します。

山道をくねくね登っていく。

夫よ、運転気をつけてね。

山道の途中、「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」の看板がかかっていました。

でもねぇ。

こんな山道登っている人は、みんなそれがわかっていて、朝熊岳金剛證寺を目指している人達ばかりだと思うんですよ。

どうせ看板かけるなら、赤福の看板の隣にかけるとかしないと。

広告料高そうだけど。

で、無事、朝熊岳金剛證寺に到着しました。駐車場無料でした。

そして、すごくすいていました。

最初に鯉がいる池があり、えさ100円で売っている。

息子もえさを買い、鯉にあげてみました。

鯉、お腹がそんなにすいてないらしく、あまり激しいえさの奪い合いは見られませんでした。

さて、鯉にえさもあげたし、本堂に向かいましょう!

仁王門を通る。
伊勢神宮参拝記_b0268916_02202137.jpg

本堂につき、お参りしました。本堂内は写真撮影禁止です。

それにしてもすいているなぁ。もっと存在をアピールすればよいのになぁ。

さて、朝熊岳金剛證寺にお参りして、東京に帰ります。

帰りは、伊勢湾フェリーを利用して、鳥羽から伊良湖までショートカットします。

鳥羽でごはんを食べようということになりました。

スマホで検索して、「漣(さざなみ)」というお店がヒットする。

エビフライで有名らしい。

もう2時半なので、すいていると思ったら、店の前に人が並んでいる。

私が車を降りて、お店の様子を伺いに行きました。

お店の人に、「どれくらい待ちますか?」ときいたら、「わかりません」というお返事。

「30分とか、1時間かかるとか?」ときいてみても、「わかりません」の一言。

お店の人の感じが悪いので、この店はやめにする。

夫が、「観光客向けの店でいい?」というので「いいよー」と返事して、鳥羽港の鳥羽一番街という建物に入りました。

3階がレストラン街になっている。

エスカレーターを降りて最初に目についたお店「味佐々(みささ)」のメニューを見たら、よさそうなので、もう「味佐々」に決めてしまう。

観光客向けのお店なので、全然味に期待していなかったのですが、来たお料理を食べてみたら、さすが鳥羽港にあるだけあって、どの海鮮料理もおいしかったです。

夫が頼んだ味佐々丼(1,520円)
伊勢神宮参拝記_b0268916_02330692.jpg
(ニュージーランドの旗は、息子が頼んだお子様膳についていた旗を息子が刺したものです。)


私が頼んだお好み膳(1,490円)
伊勢神宮参拝記_b0268916_02332153.jpg
お好み御膳、お刺身は新鮮だし、ホタテは味が濃いし、海鮮の揚げ物もおいしいしで、これはヒットでした。1,490円は安い。

大変満足しました。

鳥羽一番街の2階がお土産屋さんになっていたので、やっぱり赤福を買ってかえることにする。

赤福、翌日開けてみたら、「今日は駅伝の日で・・・」とか書いてある紙が入っていました。

365日、違うことが書いてある紙を入れているのかな?

面白い趣向だと思いました。

鳥羽港でフェリーに乗って、伊良湖につき、東京を目指します。

途中、夫が、「浜松あたりで夕食にして浜松餃子を食べよう」という。

餃子大好きなので、賛成する。

で、浜松餃子を検索してみたら、「餃子屋」というお店が評価高いし、写真の餃子もおいしそう。

というわけで、餃子屋を目指す。

餃子屋についてみたら、小さな掘っ立て小屋みたいな店で(←失礼)、お客もあまり入っていないみたい。

「大丈夫かなぁ?」と言ったら、夫が、「ここにするんだよね?」というので、「うん、そうする」と言いました。

入ってみたら、普通の中華料理屋さんでした。

高評価のお店の割にはめずらしく、お客が一組しかいない。

あいそがないけど丁寧な応対をするおかみさんと、あいそのいいご主人がやっている店でした。

夫、焼き餃子に定食(ごはん、漬物、スープ)をつけて、餃子定食にする。

私、ヒマラヤ塩ラーメンを頼む。

息子、醤油ラーメンを頼む。

そのほかに、水餃子6個を頼みました。

最初に水餃子が来て、「(たれがかかっているので)たれをつけないで食べてね」とご主人がいう。
伊勢神宮参拝記_b0268916_02493778.jpg
水餃子ウマー。もっとたくさん頼めばよかった。

夫の餃子定食。
伊勢神宮参拝記_b0268916_02510930.jpg
餃子3つもらったけど、おいしかった。

私が頼んだ、ヒマラヤ塩ラーメン。
伊勢神宮参拝記_b0268916_02514925.jpg
普通においしかったです。

さて、浜松餃子も堪能して、東京に帰りましょう!

夫、夜中の12時まで運転してくれて、大変だったと思います。感謝、感謝です。

こうして私の初めてのお伊勢さん参拝は終わりました。

息子がぐずりまくりましたが、行ってよかったです。

内宮で買った心願成就お守り、効き目があるといいなー。

# by ebineko7 | 2019-11-08 02:55 | 旅行記 | Comments(0)

数学は人生の役にたつよ!

よく、学生時代に数学を習うことに意味はあるのか?という意見がありますよね。

社会に出たら、数学でならったことなんか全然役にたたないと。

特に、微分積分なんか、やり玉にあげられますよね~。

しかしですね。

数学を習うことで、脳の何らかの発達に貢献しているらしいです。

エビデンスが出せなくて申し訳ないのですが、昔、こんな記事を読んだことがあります。

数学を習わない国では、例えばレストランで、お客様がいっぱいきてしまうと、お客をさばく能力がなくて従業員がパンクしてしまうらしいです。

その点、日本などの数学を習う国では、大混雑のレストランでも、それぞれが役割分担して機能的に働いて、それなりにこなしますよね。

なので、数学を習うことは全然無駄ではなく、脳の発達に重要な役割を担っているのだと思います。

問題解決能力なのかな。それを伸ばしてくれるのが数学です。

もちろんそのほかの教科も、直接的な効果がでなくても、人生の何らかの役にたってくれていると思います。

息子には、数学は人生の役に立つことを言葉で伝えようと思っています。

ふと、思い出したので、記事にしてみました。

# by ebineko7 | 2019-11-07 05:03 | 育児つれづれ | Comments(0)

三重県鳥羽 彩花亭宿泊記

11月1日(金)~11月3日(日)に三重旅行に行った私達。

2泊目のお宿は、新鮮な海の幸を求めて、鳥羽に宿泊することにしました。

予約したのは、「彩りめぐりの宿 彩花亭」(ホテルリゾート 彩花亭)です。

ここを予約したのは、口コミがよかったわりには、そこそこのお値段だったからです。

口コミがよいのは、お部屋からの鳥羽湾の眺めがよいのと、新鮮な海鮮料理がおいしいからみたいです。

しかーし、お値段がそこそこの理由は、お風呂に力を入れていない(露天風呂がなく、内風呂のみ)からのようです。

本当は、お部屋、お料理、お風呂、サービスと、どれもまんべんなくそこそこのよい点をとっている宿にしたかったのですが、そういうお宿が見つからないので、お風呂のことは目をつぶって、「彩りめぐりの宿 彩花亭」を予約することにしました。

さて、山道を登って、15時ごろ「彩りめぐりの宿 彩花亭」の駐車場につきました。

外から建物を見ると、口コミのとおり、ちょっと古そうな施設でした。

大丈夫かなぁ?

・・・などと思っているうちに、すぐに、感じの良い仲居さんが出迎えてくれて、荷物を持ってくれて館内に案内してくれる。

フロントでチェックイン処理をして、お部屋に案内してもらいました。

お部屋は204号室「紅葉」というお部屋でした。

お部屋に入ってまず目に飛び込んできたのが、窓一面に広がる鳥羽湾の眺望です!
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06154416.jpg
う~ん、開放的で気持ちいい~!この宿にしてよかった。

お部屋全体はこんな感じ。仲居さんにお茶を入れてもらっている間、写真を撮る。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06170971.jpg
お部屋の中は、リニューアルしてあるらしく、そこまでふるさを感じませんでした。

さて、感じのよい仲居さんは去っていったので、お部屋で少しグダグダしてから大浴場にいくことにする。

お風呂は口コミとおり、露天風呂がなく、内風呂が1個しかない。

しかし、今回彩花亭に泊まって思ったのは、「露天風呂って必要?」ということです。

惰性で入っていましたが、私は内風呂のみで充分だと思いました。

お風呂から上がって部屋に戻ると、夫と息子がいました。

(昔ながらの鍵が1個しかないタイプなので、夫と息子に鍵を持っていてもらった。)

18時になって、ラグビーの決勝戦を見ていたら、お部屋の電話がなって、「お夕食のしたくができました」という。

お待ちかねのお夕食です。

どんなものがでるかな~。

お食事処に行ったら、おいしそうな海の幸が並んでいる!

う~ん、何から食べよう、という贅沢な悩みが♪

とりあえず、前菜らしきものから食べてみる。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06320457.jpg
この薄造りはなんだろう?タレにつけて食べるのですが、とてもおいしかったです。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06330278.jpg

お刺身盛り合わせです。伊勢海老の刺し身があって、テンションあがりました。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06340700.jpg
どれも新鮮でおいしかった♪

えびの姿焼きです。これ、息子にあげたので味がわからない。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06350833.jpg
息子、自分のと夫のと私のえびの姿焼きを食べたので、よっぽど美味しかったのだと思います。

さて、大きい鯛の姿焼きが運ばれてきました!テーブルに1つみたい。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06361866.jpg
写真で大きさがわかりますかね?身が甘くてふんわりしていておいしかった~。

牛ステーキが運ばれてきました。おいしそう~。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06381175.jpg
ちなみに、牛ステーキかアワビを選ぶプランを申し込んでいて、牛ステーキを夫と私の分2つ予約していました。

アワビ、私はあまりおいしいと思わないので、牛ステーキにしてよかった♪

カキフライと茶碗蒸しが運ばれてきましたよー。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06381827.jpg
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06383059.jpg
カキフライ、衣が固くてガリガリでした。カキ自体はふっくらやわらかだったので、揚げ方がもったいないと思いました。

最後に、山菜の釜飯とお吸い物です。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06414818.jpg
もう、このとき、お腹いっぱいになっていました。釜飯残しました。

お腹いっぱいだけど、デザートのフルーツが運ばれてきたら、ぺろりと食べられました。デザートは別腹だな。

お腹パンパンになって、お食事どころを後にしました。

ところで、私達の隣のテーブルのカップルは、2人なのに、刺し身は舟盛りだし、牛ステーキもアワビも両方出るプランらしく、「2人で食べ切れるのだろうか」と心配してしまいました。余計なお世話ですが。

さて、お部屋に戻ってバタンキューして、早朝に目が覚めました。

またまたホットコーヒーがのみたくなる私。

自動販売機に行ったら、冷たいコーヒーしかありませんでした。

仕方ないので、冷たいコーヒーを買って、しばらく部屋に放置して常温にして飲みました。

ううう、ホットコーヒーが飲みたいよう。

ところで、お部屋から日の出が見えるという。11月3日の日の出は6時9分だという。

そこで、6時前に夫を起こして、日の出を拝むことにしました。

うっすら明るくなっている空。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_06483794.jpg

さて、6時9分を過ぎてもおひさまがあがってきません。ところが、空が明るくなりました。

夫が、「もっと山の東の方で日の出があったのでは?」という。

そうか~。このお部屋からだと、今日は日の出が見られないのか~と思いました。

朝6時に大浴場がオープンするので、行ってみました。

女性の大浴場は2面がガラス張りになっていて、鳥羽湾が見渡せるのですが、朝日が見えまして、私達のお部屋から見える景色のずっと東から日の出があったのがわかりました。

なーんだ。大浴場で日の出を見ればよかった。

(※大浴場から日の出が見えるのは女湯のみと書いてありました。)

さて、朝食の時間になり、また電話で「朝食の準備ができました」と連絡がありました。

朝食も楽しみ♪

これが朝食です。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_09540194.jpg

真ん中のお椀をオープンしたら、かれいの煮つけが入っていました。
三重県鳥羽 彩花亭宿泊記_b0268916_09544274.jpg
おいしかったです。

ごはんがおいしくて、おかわりしました。

朝ごはんもたらふく食べて、お部屋に帰って身支度をしてチェックアウトしました。

この旅館も、従業員の方皆様の対応が気持ちよく、よい気分で過ごすことができました。

お部屋からの眺めがいいし、お食事もおいしいので、お風呂にこだわりがある人でなければおすすめです。

あと、お部屋がピカピカ真新しいのでなければいやだ、と言う人にはおすすめできませんね。

満足して宿を後にしたのでした。

# by ebineko7 | 2019-11-05 09:59 | 旅行記 | Comments(0)

鈴鹿サーキットホテル宿泊記

11月1日(金)~11月3日(日)と、三重県に2泊3日で旅行に行ってきました~。

東京から車で夫の運転で行きました。長距離運転してくれた夫に感謝、感謝です。

1泊目は、評判のよい鈴鹿サーキットホテルに泊まり、2泊目は新鮮な海鮮料理目当てに鳥羽で1泊しました。

では、1泊目の鈴鹿サーキットホテルの宿泊記です。

鈴鹿サーキットホテル、評判がよいだけあって子連れには良いホテルでしたよ~。

鈴鹿サーキットに用がなくても楽しめること請け合いです♪

さて、宿泊記の前に、ランチに「ひつまぶし」を食べるまでの経緯を簡単に書こうと思います。

朝、6時に東京を出発した私達。15時ごろのホテルチェックインを目指して鈴鹿へGO!

途中、休憩をとりながら、10時すぎに順調に愛知県に入りました。

夫は、ランチを名古屋あたりで取ろうといいます。

で、私、さっそく名古屋名物を検索しました。

すると、

・味噌カツ
・ひつまぶし
・きしめん
・あんかけスパ

などが、候補にあがりました。

(他にも天むすや名古屋名物モーニングがヒットしましたが、せっかくの名古屋ランチには適さないので却下。)

この中で、やっぱりひつまぶしが食べたいということになり、名古屋でひつまぶしの口コミのよいお店を探しました。

いくつか口コミのよいお店が見つかりましたが、当日予約は難しいというお店ばかりだし、何より、注文してからでてくるまでが遅いという。

ん~?こういう名店は、注文してからさばくのか~?

行列に並んだり、注文してから待つ時間のロスが惜しいので、名古屋ではなく、刈谷付近でひつまぶしのお店を探しました。

しか~し、刈谷付近になると、うな丼のお店はヒットするけど、ひつまぶしのお店はうまくヒットしない。

夫は、「刈谷PAで食べてもいいと思う」という。

私は、最初は、ひつまぶしは高速を降りてきちんとしたお店で食べたい、と思いましたが、色々調べて、名店で簡単にサクッと食べられないようだというのがわかり、もうPAのひつまぶしでいいか~という気持ちになりました。

10時半ごろ、刈谷PAに到着。

下りパーキングエリアでひつまぶしを探したところ、「ごはんどころ 穣(みのり)」というお店でひつまぶしを売っていました。

よしよし、ということで注文しました。

ちなみに、息子はお子様カレー、夫は、ひつまぶしではなく、「名古屋よくばり丼」を注文しました。

ひつまぶし、ちょっとは時間がかかるのかと思いましたが、あっという間にでてきました。

ということは、レンジでチンしたうなぎか~。

ちょっとテンション下がる。

しか~し、ひつまぶしを受け取ったらテンション回復しました。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_06551808.jpg


ほ~らほら、うなぎがどんぶりにびっしり並んでいて、おいしそうでしょう?
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_07014537.jpg
これで1,700円です。

私と夫ではんぶんこしました。(息子は食べたがらなかった。)

まず、1杯目は、うな丼そのままで食べてみました。

うん、充分おいしい。

そして、2杯目は、お出汁をかけてお茶漬けにして食べました。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_07035423.jpg
お出汁ウマー。

お値段的にも、量的にもちょうどよくて、ひつまぶしを食べたことにすごく満足しました。

ちなみに、息子が頼んだアンパンマンカレー
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_07001484.jpg

夫が頼んだ「名古屋よくばり丼」(1,280円)
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_07011074.jpg
エビフライと味噌カツです。

夫からエビフライと味噌カツを少しづつもらいましたが、案の定、味噌カツの赤味噌は苦手な味がしました。

さて、無事ひつまぶしをランチで食べ、満足して鈴鹿に向かいました。

ちょうど13時ごろ、鈴鹿サーキットホテルに到着です。

鈴鹿サーキットホテルは、一つの建物にすべてがあるのではなく、メイン館(フロントがある)、クアガーデン、S-プラザ(レストランがある)、ウェスト館、イースト館、ノース館と建物が別れています。

私達は、メイン館に一番近いウェスト館の部屋を予約していました。

まずは、フロントのあるメイン館に行って、チェックイン処理です。

ここで、お部屋のチェックイン可能時間が15時ではなく、14時であることを知る。

フロントのお姉さん、すごく感じが良い。

そして、ホテルに宿泊して思ったのは、どの従業員さんもすごく感じがよいということです。

サービスが気持ちよかったです。

話をもとに戻します。

チェックイン処理をして、ハロウィンの仮装ができるコーナーで写真を撮っていたら(11月1日だけどまだハロウィンのサービスをやっていた)、13時20分くらいになる。

ホテルに来る前は、フロントでチェックイン処理をしたあとで、クアガーデンのプールと温泉を楽しみ、15時すぎてからお部屋にチェックインするつもりでいましたが、チェックイン可能時刻まであと40分しかないなら、先にお部屋にチェックインして、その後プールに行くことにしました。

で、チェックイン処理をしたときにもらった、子ども向けのハロウィンなぞなぞのプリントをやることにする。

なぞなぞは3問あって、

・ロビーにあるかぼちゃは何個か?
・中庭にあるかぼちゃは何個か?
・ものすっごく簡単なクロスワードパズル

この3問に正解すると、なにかもらえるらしい。

ホテルの探検がてら、このなぞなぞに家族で挑みました。

まずは、ロビーのかぼちゃを数えます。

そして、中庭に出て、ある表情をしているかぼちゃの数を数えました。

その日は、お天気がさわやかな秋晴れで、中庭に出てかぼちゃを探すの、すごく気持ちよかったです。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08094542.jpg


中庭のかぼちゃの数を数えて、ついでに庭を散策しました。

教会があります。結婚式ができるらしい。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08110422.jpg

レストランへ続く道。お花が植えてあってきもちいい。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08113280.jpg


さて、庭を散策し、ロビーに戻り、クロスワードパズルをうめました。

息子、フロントのお姉さんになぞなぞの答えを書いた紙を渡す。

見事、全問正解!

お姉さん、フロント前においてあった大きなかぼちゃに近づく。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08140179.jpg

そしてかぼちゃを開けて、「お菓子を3つとってね。」とおっしゃる。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08145966.jpg
フロント前のかぼちゃにこんなしかけがあったとは。

息子、お菓子を3つとりました。チョコレートとキャンディーでした。

なぞなぞも無事終わり、メイン館の駐車場に停めていた車をウェスト館に移動して、荷物を運んでちょうど14時になりました。

ウェスト館のお部屋は、「コチラファミリールーム」というコンセプトルームで、赤ちゃん連れ家族向きのお部屋となっています。

私達のお部屋は、2940番でした。ドアにキャラクターが車に乗っている絵がはってあります。2940番は、女の子のキャラクター、車は緑色でした。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08260353.jpg


さっそく、お部屋に入りましょう!

入り口には、靴を脱ぐ場所がわかりやすいようにイラストで足型が書かれています。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_13125435.jpg


お部屋全体の様子。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08275298.jpg

ベッド。3人で余裕で寝られる。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_08302127.jpg


赤ちゃん連れ用に、低いテーブルを囲むようになっています。ベビーチェアもあり。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_12355232.jpg

テーブルの模様は、鈴鹿サーキットのコースとなっています。オシャレ。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_12370520.jpg

赤ちゃんがコンセントに指をつっこまないよう、すべてのコンセントがガードしてあります。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_13102301.jpg
哺乳瓶消毒ケースなんかもありますよー。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_13152769.jpg

壁には、鈴鹿サーキットの絵がかかっています。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_13191978.jpg


バス・トイレがセパレートでないのが使いにくかったですが、お風呂はクアガーデンに行けばよいので概ね満足。

でも、息子は、「部屋が狭い」と言っていた。何様?

さて、部屋で少しくつろいだあと、夫と息子はプールへ、私は温泉へ行きました。

クアガーデンに、プールとお風呂があります。

フェイスタオル・バスタオルはカウンターで貸してくれます。

さて、お風呂に入ってみましょう。

お風呂場でいいな、と思ったのが、洗い場1つ1つに、クレンジングオイルと洗顔フォームがおいてあったことです。(もちろん、シャンプーとかボディソープもおいてある。)

これは助かる~。

しか~し、シャワーの水圧がものすごく強く、痛いくらい。おまけに1回に出るお湯はすぐにとまってしまうし。

これ、お湯の総量でお湯のとまるタイミングが決まると思うので、シャワーの水圧を下げて、もっとゆっくりシャワーが利用できるようになるといいのにな、と思いました。

(3箇所のシャワーを試しましたが、いずれも水圧が強かった。)

内湯も露天風呂も広々、また、若干ぬるめの温度で、いつまでも入っていられます。

お風呂にはいってリフレッシュ。

お風呂をあがって、ウェスト館に戻りました。

カードキーが2つもらえたので、一人で部屋に戻れました。

のどが乾いたので、自動販売機に麦茶を買いに行ったら、烏龍茶のようなカフェイン入りのお茶しか売ってない。あとは水。

自動販売機の横に、氷が出る機械があったので、部屋に戻ってアイスペールをとってきて、氷を入れました。

で、部屋のお水に氷を入れて飲んでみる。うん、いい感じ。

さて、夫と息子が帰ってきて、部屋でグダグダしていたらお夕食の時間19時15分が近づいてきました。

お夕食は、ビュッフェレストラン「そら・たべよ」でビュッフェです。

この日は、ビュッフェは90分制でした。

よし、ヘルシーなものを食べるぞ~。

まずは、まんべんなくとってくる。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_13494357.jpg
右上から時計回りに、かぼちゃとさつまいもの蒸したの、甘鯛の変わり揚げ2種、ピザ、トマトたくさん、わかめサラダたくさん、とり手羽元中華風、なすのマリネ、きのこのペペロンチーノ、真ん中が豚肉のピカタです。

お寿司も握ってくれるので持ってきました。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_13522488.jpg
一度に3カンまで握ってくれます。コハダとサーモンを注文しました。

そして、今日のお肉料理は、牛肉の鉄板焼でした。一皿いただく。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_13541653.jpg
鉄板焼に添えているの緑色のはきざみわさびです。他にもソースとか選択できた。

さて、これらのものを持ってきて、いただきますします。

うん、どれもおいしー。お寿司はシャリが小ぶりでいい感じです。

ただ、お肉が硬かった。

しかし、隣の席のグループが、「お肉やわらか~い」と言っていたので、いろんな部位を使っているのだな、と思いました。

トマトとわかめサラダが気に入って、3回くらい山盛りにおかわりしにいきました。

そのほかにも、気に入ったものだけ何回もとってきました。

最後に、デザートを食べて、抹茶アイスとオレンジシャーベットも食べました。

ところで、レストランの方も感じがすごくよかった。

一生懸命食べている息子に、「おいしい?」ときいてくれたり、「たくさん食べていってな!」と声をかけてくれたりしました。

本当にいいホテルです。

で、お店の方が、90分制だと、8時45分までいられるところを、「本日は9時までいられます」と伝えに来てくれました。

しかし、おなかいっぱいなので、8時45分ころ、レストランを後にしました。

庭に出ると、きれいにライトアップされていました。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_14005199.jpg

とても幻想的で、来てよかった、と思いました。

さて、部屋に帰ってバタンキューです。

早朝に目が覚めまして、ホットコーヒーが飲みたいと思いました。

ウエスト館の自販機を見たら、冷たいコーヒーしか売っていない。

が、自販機の横に電子レンジがおいてありました。

部屋にもどってコップをもってきて、冷たいコーヒーをコップに注いで、電子レンジでチンしました。

無事、ホットコーヒーが飲めました。

そうこうしているうちに、朝6時になり、クアガーデンのお風呂がやっている時間なので、お風呂に行ってみました。

相変わらず、お風呂の温度が気持ちいいです。

さて、さっぱりしたところで、7時に朝食ビュッフェを食べに、またまた「そら・たべよ」に行きました。

朝のそら・たべよまでの道。お花が植えてあって気持ちいい。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04342136.jpg

席について、さっそく食事を取りに行きます。

サラダコーナー
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04355294.jpg

フレッシュジュースのコーナー。美容ジュースとか、健康ジュースとかある。少しづつ全部いただきました。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04361670.jpg

和食が充実していました。これは、根菜料理コーナー。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04375417.jpg

フルーツ盛り合わせ
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04385272.jpg

こちらは、フルーツポンチとヨーグルトです。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04385981.jpg

まずは、パンを選択。それと、サラダを山盛り持ってくる。フレッシュジュースも。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04401124.jpg
サラダは右上からブロッコリー、トマト、わかめサラダ、キャロットラペです。

ヘルシーそうじゃないですか?

この後、サラダを2回おかわりしました。

夫、ライブキッチンでシェフが作ってくれるオムレツを持ってくる。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04422987.jpg

私は和食にシフト。右上のお皿は和食のおかず、右下は海老汁、左下はごはん、左上はやはりサラダ山盛りです。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04423990.jpg

和食を食べた後、「炭水化物シリーズ」を食べる。朝カレー、鈴鹿の朝ごはん、うどんです。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04424940.jpg
「鈴鹿の朝ごはん」とは、これです。ライブキッチンで作ってくれる。
鈴鹿サーキットホテル宿泊記_b0268916_04454949.jpg
これ、味はよかったけど、卵やしらすや大根おろしが冷たくて、ほかほかご飯が食べたかった私はちょっと不満足。

この後、デザートやフルーツを食べて、コーヒーを飲んで、レストランを後にしました。

身支度を整えてチェックアウトです。

お天気に恵まれたので、建物から建物への移動が気持ちよく、心地よい滞在になりました。

ただ、雨だったら、移動が大変になるので、すごく印象が変わるホテルだよな~と思いました。

息子、今まで、「ホテルエピナール那須にまた行きたい」と連呼していたのですが、今回鈴鹿サーキットホテルを利用して、「このホテルが1番いい。2番がエピナール那須」と言っていました。

(ホテルエピナール那須は、プールと大浴場があり、ビュッフェが充実しているので、鈴鹿サーキットホテルと似ています。)

そうかそうか~。そんなに喜んでくれたか~。でも、鈴鹿はそんなに気軽に来れるところじゃないからね~。

息子に楽しんでもらえてよかったです♪

ホテルの従業員の皆さんの気持ち良い対応が印象的なホテルでした。

鈴鹿サーキットに用のない皆さんにもおすすめのホテルです。

# by ebineko7 | 2019-11-05 04:58 | 旅行記 | Comments(0)

相手は自分の鏡

昨日、幼稚園の帰りにスーパーに買い物に行った時、息子が、「ランタンだしたい」と言いました。

先日の台風19号が来た時、我が家にランタンとろうそくがあることを息子が知りました。

なんのためのランタンとろうそくかというと、私、大地震後の停電に備えて、大量のろうそくと、それを入れるランタンを購入していたのです。

(余震でろうそくが倒れても火災が起きないように、ろうそくをランタンに入れる必要がある)

で、台風19号で停電があるかもしれないということなので、ランタンを使う必要性が生じました。

で、息子、ランタンをつけてみたいと言いました。

いいよー、つけようね、と安請け合いしたのですが、結局、台風19号が来たときにランタンは出しませんでした。

で、昨日、息子が「ランタンだしたい」と言ったわけです。

私は、「明日はパパが(夕食時に)いるから、明日だそうね」と言いました。

すると、息子、「今日がいい。今日出して、明日も出せばいい」と言いました。

私は、夫がいる日に出したいと思いましたし、2度出すのは気がすすまないので、「明日出す」と強く言いました。

息子、機嫌が悪くなる。

足を踏み鳴らし、「○○(←息子の名)、機嫌が悪くなった!」と言いました。

私はそれを受けて、私も気分がとても悪くなりました。冷静ではなくなりました。

とりあえず、足を踏み鳴らすのをやめてほしかったので、「やさしく歩いて」と肯定形でしてほしいことを伝えました。

息子、「わかった」と足を踏み鳴らすのはやめました。

息子に、「ママ、これから自転車に乗るよね?○○を乗せて自転車に乗るの、すごく気をつかっているんだよ。ママを怒らせたら、自転車をこぐのに集中できないよね?ママ、○○がすごく大事だから、自転車に乗るのに集中したいんだよ。○○はママの機嫌を悪くした。危ない。」と伝えました。

息子、まだ怒っている。というか、泣いている。

とりあえず、気持ちを落ち着けて自転車に乗って、無事、家につきました。

スーパーで買ったぶどうをおやつに出して、息子と一緒にいただきますをしました。

そして、息子に、「食べながら言うけど」と前置きして、今の私の気持ちを伝えました。

「人は自分の鏡なんだよ。ママは○○の鏡。○○が不機嫌になれば、ママも鏡だから不機嫌になるよね?○○が笑っていれば、ママも笑うよね?」と言いました。

そして、

「○○は、ママが気持ちよくランタンを出すために、どうすればよかったと思うかな?」ときいてみました。

「ランタンだしてちょうだい、ってお願いする」と息子は言いました。

「そうだね。そう言ったら、ランタン出す気になったかもしれないね。今日は出す気にならないけど」と言いました。

そして、

「ママ、○○がはじめての子どもだから、間違うこともあるよ。試行錯誤しているんだよ。○○もまだ6歳だから、間違うこともあるよね。一緒に試行錯誤していこう?」と伝えました。

試行錯誤は難しい言葉ですが、伝わると思いました。

とりあえず、仲直りしました。

反省点としては、「ママが気持ちよくランタンを出すためには、どうすればよかったかな?」ときいて、息子が「ランタンだしてちょうだい、ってお願いする」って答えたときに、「他には?」と対応策が色々あることを伝えるべきだったと思います。

全体的に、息子に対して、もっとよくできることはあるとは思います。不器用な対応だったと思います。

手探りで、子育てをしている状況です。

# by ebineko7 | 2019-10-22 03:43 | 育児つれづれ | Comments(0)