人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

高熱が出たほうが体にいいらしい

かぜをひきました~。

おとといの夜から、頭が痛く、体の節々が痛く、これ、風邪なんじゃないかな~、と思っていたら、熱が急激にあがり、夜中に38.8度の熱が出ました。

しんどかったです。

でも、以前、「高熱が出るのは体力がある証拠。高熱が出るのは体にいいから解熱剤を飲まないほうがいい。高熱でがん細胞も死滅する」と言われたことがあったので、調べてみました。

確かに、高熱が出て、体に入った菌をやっつけてくれるらしいので、へたにかぜ薬を飲むと、治りが遅くなるらしい。

また、がん細胞については、がん細胞というのはまいにち発生しているらしく、39度代の熱が出るとがん細胞もやっつけられるらしいです。

39度代かぁ。38.8度じゃだめかしら?

と思っていたら、昨晩は、39.5度くらいまで熱があがりました。

大変つらかったですが、がん細胞がやっつけられるところを想像すると、つらさも耐えられました。

みなさんも、風邪をひいて高熱が出ても、風邪薬に頼らず、しっかり寝て栄養のあるものを食べて養生するとよいですよ。

by ebineko7 | 2019-12-23 09:09 | その他 | Comments(0)

本物のお姫様なんだから

最近、秋篠宮家のご公務の模様のニュースがアップされると、コメント欄に、ご公務へのコメントではなく、秋篠宮家を批判するコメントばかりがアップされていて、私は心を痛めています。

私が心を痛めていても仕方ないんですけど。

コメントの内容は、もちろん、小室圭さんとの結婚について、秋篠宮家の対応を批判するものばかりです。

その中に、「女性宮家が誕生して、小室圭さんが皇族になるなんて大問題!」というものがあります。

私、それを読んで、小室圭さんが皇族になることはないだろう、と思っています。

彼の今までの職歴を見るに、小室さんは、仕事で自己実現したいタイプだと思うんですよ。

「どこかに俺がイキイキと働ける仕事がある」と考える「天職ジプシー」なわけですね。

なので、小室さんは皇族のようながんじがらめの生活になるのは、想定していないと思うんですよね。

仮にご結婚前に女性宮家の創設が決まったら、小室さん、理由をつけてさっさと眞子様と別れると思います。

小室さんにとっては、皇族を妻にしたというステータスだけがほしいのではないでしょうか。

そして、自由も欲しいと。

で、眞子様はいまだ小室さんと結婚したいご意向のようですが、これ、誰か宮内庁の人でご破算にすることができる人、いないんでしょうかね?

眞子様に批判が集中してますけど、眞子様、本物のお姫様なんですよ?

人を見る目がなくても仕方ないのでは、と思います。

きっと、今まで、小室圭さんのように、皇族の眞子様に対してグイグイアプローチする人がいなかったのではないでしょうか。

で、小室さんのグイグイアプローチが新鮮で、コロリとまいってしまったと。

秋篠宮殿下も、「娘を説得できないなんて」といろいろ批判されていますが、殿下は小室さんのようなタイプは今までの人生で会ったことがなく、どうしてよいかわからないのではないでしょうか。

ここは、宮内庁が積極的に動いて、眞子様の目を覚まさせるのが宮内庁の役目だと思います。

だいたい、宮内庁がしっかりしていないから、小室さんと婚約内定会見までしちゃって、眞子様、きずものになっちゃったじゃないですか。

小室さんは適齢期の女性を2年もほったらかしにしているんですから、「もう時間切れです」ということで、宮内庁がしっかり仕切ってほしいです。

ただ、別れた後、小室さん、きっと暴露本とか出しちゃうんでしょうね~。

そういうタイプだと思います。

そのとき、眞子様の目が本当に覚めるのでしょうね。

眞子様、即位礼のときの十二単衣姿、すごくかわいらしかった。本物のお姫様なんだな~と思いました。

小室なんかにはもったいないお方だ、と思います。

どうか、来年の2月に、小室さんとは破談の発表があって、眞子様が新しい良い方と巡り会えますように。

by ebineko7 | 2019-12-20 06:10 | その他 | Comments(0)

幼稚園のクリスマス会に行く

昨日は、幼稚園の役員さんがセッティングしてくれた、クリスマス会に行ってきました。

幼稚園の帰りに、近所の集会所を借りて行うものです。

今年は、息子に成長のあとが見られました。

去年まで、おともだちと関われなかった息子。

昨日は、積極的とはいいませんが、数人のおともだちと遊んでいました。

今までは、私にべったりだったんですよ。

息子がおともだちのところに行ってくれて、ホッとしました。

そして、お菓子交換の時間。

子ども達がお菓子の大袋を用意して、お菓子を交換していくものです。

息子には、カントリーマームを用意しておきました。

息子、去年まではおともだちとお菓子交換ができずだったのですが(交渉が苦手)、今年は、お菓子交換に参加していました。

結局、カントリーマーム20個のうち、18個を他の子と交換しました。上出来!

アメやクッキー、うまい棒やハッピーターンなどなど、色々なお菓子をゲットして、ホクホクしていました。

息子のおともだちと関わる面の成長を見て、嬉しく思ったクリスマス会だったのでした。

ところで、クリスマス会では当然コートを脱いでいたのですが、他のママさんに、「あら、二人目?」とお腹をさすられてしまいました。

「違う違う!自腹だよ~」と言ったのですが、あ~あ~、お腹ぽっこりが妊婦に見えるか~。へこむな。

(普段は送り迎えのときにしか会わないので、コートでお腹をごまかしていた。)

おなかぽっこり撲滅のためにがんばります。

by ebineko7 | 2019-12-20 05:39 | 育児つれづれ | Comments(0)

煮干出汁が簡単にできて拍子抜け

今まで、お料理にだしの素を使っておりました。

リケンの商品で、化学調味料、食塩無添加となっているものです。

だしの素はお手軽ですが、いつも、「健康によくないんじゃないかな・・・」と罪悪感を持ちながら毎日の食事を作っていました。

もう、罪悪感とはきっぱり決別したいので、これからは煮干し出汁をとることにしました。

やり方は、NHKの「ガッテン」で紹介されていた、水出しで出汁をとる方法です。

そのやり方は・・・

水1リットルに煮干5~10g(6~7cmの煮干1本1g)を頭と内臓を取らずに入れ、冷蔵庫で一晩(8時間)漬けておくだけ!

こんなかんじ。

煮干出汁が簡単にできて拍子抜け_b0268916_05252480.jpg
(右は昨日の残り、左は今日の牛丼のために用意した出汁。)

簡単でしょ?

煮干しの頭とわたをとらなくていいし、水につけておくだけだし、なにより、普通に煮出してつくるだしより、使う煮干しの量がすごく少なくていいんですよ。

経済的ですね。

おとといの夜、800ミリリットルの水に煮干し8本ぶちこんで、一晩冷蔵庫で寝かせたものを、昨日のお味噌汁の出汁にしたら、あら、お上品な味!

かんどー。

こんなに簡単においしい出汁がとれるなんて、感激です。

みなさんもお試しあれ~。

by ebineko7 | 2019-12-20 05:28 | その他 | Comments(0)

年賀状のおまけ

息子と郵便局に年賀状を買いに行きました。

お金を払ったあと、郵便局員さんが、息子に、「うまい棒好き?」とききました。

そして、3つのフレーバーのうまい棒を出して、「どれにする?」ときいてきました。

どうやら、子どもだけへのサービスのようです。

息子、うまい棒をもらってホクホクしていましたし、私も嬉しくなりました。

(小さなおまけが嬉しい。)

年賀状、どんどん売れ行きが下がっていると思うので、サービスも向上しているのでしょうね~。

ちなみに私にはポケットティッシュを2つくださいました。

35枚くらいしか買っていないのに、サービス手厚い。

来年も息子を連れて年賀状を買いに行こうっと。

by ebineko7 | 2019-12-17 05:55 | その他 | Comments(0)

怒っても美しい人

環境活動家のグレタ・トゥンベリさん、何かとメディアに出て話題になっていますね。

彼女の活動内容の是非はおいておいて、彼女が話している映像を見ると、「怒っている女の人って美しくないなぁ」と思ってしまいます。

たいていの人は、怒っていると美しく見えないですよね。

しかし!!!

怒り顔が美しい人を、一度だけ見たことがあるのです。

それは、坂東玉三郎さんです。

昔々、坂東玉三郎さんが、宮沢りえさんと「天守物語」という映画で共演したことがあったのですよ。

その頃の宮沢りえさんは、貴乃花との婚約破棄で、激ヤセして、自殺未遂騒動や、舞台降板騒動など、マスコミが好むネタを撒き散らしていて、マスコミに追われる立場だったんです。

で、映画の製作発表の場が設けられ、玉三郎さんとりえさんが記者会見をしたのですが・・・。

集まったマスコミ、映画のことはきかずにりえさんの私生活についての質問ばかりする。

その状況に、玉三郎さん、明らかに「ムカッ」とした表情をしました。

その、お顔がですね、とんでもなく、このうえなく美しかったのですよ。

美しい人は、起こり顔でも美しいのだ!、と衝撃を受けたのを覚えています。

あ、グレタさんが美しくないとは言っていません。

グレタさん、きちんと普通の16歳なりの格好をすれば、それなりにかわいい方だと思います。

(活動の内容を考慮して、化粧っ気のない髪型や服装を選んでいるのでしょうが、16歳にしては幼く見えますね。)

私は凡人なので、怒り顔が美しく見えるわけもないので、なるべく笑顔でいることを心がけたいです。

by ebineko7 | 2019-12-13 04:52 | その他 | Comments(0)

生理について教える

昨日、息子に「生理について」教えました。

いいかげん、一緒にお風呂に入れない日がある理由を伝えなければいけないと思ったからです。

生理について教えるには、前提知識として、赤ちゃんができるしくみ、赤ちゃんが生まれるしくみを教えておかなければいけないわけですが、それは、以前、絵本を使って教えていました。


「赤ちゃんが生まれるしくみの絵本を読み聞かせる 」の記事では、息子がとても驚いてしまった様子をお伝えしました。

そこで、生理については、息子の中で知識が消化されるまでまとうと思いました。

昨日、「時期が来た」と思いましたので、幼稚園の帰り道、息子に「今日、大事な話があるよ」と伝えました。

で、おやつを食べてから、息子に、「今日、教えることは、小学校5年生くらいで習います。あっ!男の子は習わないのかな?」と前フリしました。

(私が小学生の頃は、男女別の性教育で、生理については女子のみしか教えていなかったようなのですが、今は違うのかな~?)

そして、「赤ちゃんができるしくみについては教えたよね?今日は、赤ちゃんができなかった場合について教えます。」と伝えました。

絵を描きながら、1ヶ月に1回、子宮は赤ちゃんのベッドを用意し、赤ちゃんができないと、ベッドは血液と混ざって膣から出てくる、と教えました。

「これが『せいり』です。」
「女の人は、12歳くらいから50歳くらいまで生理があります。」
「だいたい、28日ごとに7日間生理があります。人によって違います。」
「生理のときは、お腹がいたい、気持ち悪い、だるい、眠いなどの症状がでます。これも人によって、軽い人、重い人がいます。」
「生理中の女の子はつらい人が多いから、いたわってあげてね。」
「生理中は、ナプキンやタンポンを使います。」
「生理が始まったばかりの子は、洋服を汚しちゃったりする子がいるかもしれない。気を使ってあげてね。」

などと伝え、最後に、

「なので、生理中は、ママ一緒にお風呂に入れません。」

と伝えました。

息子、おとなしくきいていました。

理解してくれたようなので、一安心です。

生理については、きちんと教えておかなきゃなーと思っていたので、教えるべきことは全部伝えられてよかったです。

by ebineko7 | 2019-12-07 02:29 | 育児つれづれ | Comments(0)

東大で紅葉狩り

昨日の土曜日は、夫は仕事で会社に行きました。

お天気もよいし、東京は絶好の紅葉狩り日和ということで、息子と2人、どこか紅葉狩りに行こうということになりました。

テレビの天気予報を見ていたら、小石川植物園とか、六義園とかを紅葉スポットとして紹介していたので、この2つは混みそうなので却下。

真っ黄色の銀杏並木が見たいな~、と思い、東京大学に行くことにしました。

(以前、友人がFbで東大の銀杏並木をアップしていた。)

せっかくいくなら学食で食事したい。

というわけで、学食を検索したら、土曜日は営業していました。

ただ、11時半~13時半は、学生や教職員の優先利用時間だったので、13時すぎに東大について紅葉を見て、それから13時半に食堂に入るプランを立てました。

お昼ごはんが遅いので、子どもは我慢できなかろうと思い、11時ごろ、ミスタードーナツで息子にドーナツを買わせて家で食べました。

(私の分は買わなかった。)

で、息子、一番高い、ピカチュウの顔のドーナツを選ぶ。

確か、税込みで260円くらいでした。

息子、贅沢だな~。

私だったら、100円ドーナツの中から選びます。

息子がスネ夫みたいに育っちゃったらどうしよう。

さて、ドーナツを食べて、ゆっくりした後、13時ごろ春日駅につくように家を出ました。

春日駅から出た私、いきなり道に迷う。

スマホがあったので東大にはついたことはついたのですが、正門からだいぶ離れた位置についてしまった。

息子が、「とうだいどこ~?」とぼやくので、「ここ、もう東大だよ。全部東大なの。」と答えました。

結構歩いて、東大正門についたのが13時半です。

息子に、「先に、お昼を食べよう」と伝えました。

で、正門に入ったら、いきなり黄色く色づいた銀杏並木につきました。

は~、真っ黄色に紅葉していてきれ~い。

道は銀杏の落ち葉で黄色の絨毯をしいたみたいになっていました。

で、お客さんが結構いた。

特に、アジア系外国人が多かった。

みんなさかんに写真を撮っていましたが、スルーして、銀杏並木を通って、安田講堂近くの学食(第一食堂)に向かいます。

学食では、息子がカツカレーを食べたい、というので、私もカツカレーにする。

カツカレー小と中を頼みました。

店内は結構混んでいて、二人並んだ席につくことにしました。

カツカレー、おいしい。

カツカレーを食べ終わった息子、「なんかものたりないなー」という。

私も、野菜が足りなかったので、「食べたりないね」というと、息子、「ケーキがあったよね」という。

息子の「ものたりない」アピールは、デザートがほしい、という意味だったのでした。

で、もう一回、私は野菜、息子はケーキをとりに行こうとしたら、14時で第一食堂は営業終了してしまっていました。

(早めに学食に入ってよかった。)

この時間開いているのは、中二階のプロントだけです。

まぁ、私も食後のコーヒーが飲みたかったし、ケーキもあるだろうということで、プロントに移動することにしました。

すると、ケーキが最後の1個のモンブランタルトしかない。

並んでいるうちに誰かが注文しちゃったらどうしよう、と思いましたが、無事、モンブランタルトをゲットできました。

ケーキを食べながら、息子、「もう紅葉は見ちゃったよね」という。

もう、食べたらさっさと帰りたいらしい。

「写真撮ろうよ」と伝えて、お店を出て、再び銀杏並木を歩きました。

銀杏並木もきれいですが、歴史ある校舎も趣があって素敵です。

息子に、「素敵ね~」と言ってみましたが、あまり関心はないみたいです。

帰りは赤門から出て、無事に春日駅につきました。

来年は家族3人で行きたいものです。

by ebineko7 | 2019-12-01 05:37 | 育児つれづれ | Comments(0)

チョコレートファウンテンって怖くないですか?

突然ですが、チョコレートファウンテンって、怖くないですか?

チョコレートファウンテンとは、液体状のチョコレートを、噴水状に流す装置のことで、溶けたチョコレートにマシュマロや果物をつっこんで、チョコレートを絡めて食べるというシロモノです。


最近、家族向けのどこのビュッフェでもチョコレートファウンテンをやっていますよね。

で、きになるのが、チョコレートファウンテンの利用者は、小さいお子さんが主だと思うのですが、あれ、子どもが指つっこんだり、一度口つけた食べ物をもう一回つけたりとか絶対やっていると思う!!!

悪気があるのではなくて、小さい子なら、手が入っちゃったりしちゃうと思う。

なので、チョコレートファウンテンを見ると、「気持ち悪い」と思ってしまいます。

神経質でごめんなさい。



by ebineko7 | 2019-12-01 04:53 | その他 | Comments(0)