人気ブログランキング |

カテゴリ:ヘルシオを使いこなす( 3 )

あさりの酒蒸しをつくる

おととい潮干狩りに行って、たくさんあさりをとってきた私達。

昨日のお昼に、早速あさりの酒蒸しを作ってみました。

あさりの酒蒸しって、簡単につくれますが、ヘルシオの「あさりの酒蒸し」メニューでつくると、さらに簡単につくれます。

材料
・あさり 400g
・酒(白ワインでも) 50ml

作り方
1.あさりは砂抜きしておく
2.底の平らな浅い耐熱容器にあさりを重ならないように入れ、酒をふる
3.「あさりの酒蒸し」メニューを選択し、スタートする

我が家のあさりは潮干狩りでとってきたものなので、砂抜きの他に、下処理もしなくてはならなくて大変でしたが、市販のあさりを使うなら、砂抜きだけでOKでしょう。

さて、あさりを400g分、底の平らな耐熱容器に入れてみたら、どうしてもあさりが重なってしまう。

まぁ、あさりが重なったまま、「あさりの酒蒸し」メニューをスタートしてみる。

約10分後、できあがりましたが、上の方のあさりは口を開けていましたが、下の方のあさりは口を開いていない。

加熱が足りないのか?というわけで、3分延長してみました。

3分後、ほとんどのあさりが口を開けたので、夫と息子と私で食べてみる。
あさりの酒蒸しをつくる_b0268916_05054784.jpg

う~む、飾りの小ねぎとかがないので、寂しい写真になってしまった。

食べてみたら、おいしかったです。

食べ終わって、残りの口を開けてないあさりが火が通っていないのか、死んでいるのかわからなかったので、再びあさりの酒蒸しメニューで3分ほど火を通してみる。

結局、3分経っても口を開かなかったので、死んだあさりのようです。処分しました。

このように、お皿の中であさりが重なってしまう場合は、3分ほど延長して蒸すとみな口を開くようです。

by ebineko7 | 2019-06-10 05:10 | ヘルシオを使いこなす | Comments(0)

よだれ鶏をつくる

昨日はヘルシオを使ってよだれ鶏を作りました。

相変わらず、簡単すぎてあっさりした記事になりそうです。

鶏肉は、「鶏のやわらかハム」(メニュー番号は機種依存があるそうなので書きません)のレシピに沿って作ります。

まず、鶏むね肉300gを2枚用意して、鶏のやわらかハムのつけダレに2時間ほどつけました。

鶏のやわらかハムのレシピには、一晩つけておくか、急ぐ場合には、塩を2倍にして1時間つけるように書かれています。

私は、「一晩つけておく」というのを見逃していたので、つけておく時間がなくなってしまったため、塩を1.5倍にして、2時間つけました。

で、2時間後、鶏のやわらかハムのメニュー番号を選んで、鶏肉2枚なので「強め」を選んでヘルシオにまかせる。

約40分後に鶏肉が蒸しあがるので、一応、半分に切ってみて中まで火が通っていることを確認する。

ちょっと食べてみたら、充分塩味がついていました。

かけるたれは、クックパッドの以下のレシピを参考にしました。

タレが旨いっ♡我が家の絶品よだれ鶏!

このレシピで、コチュジャンなし、玉ねぎ、長ネギのみじんぎりなし、いりごま、小口ネギ(トッピング用)なしにしました。

なぜ、よだれ鶏のレシピが多くある中で、このタレを選んだかというと、ラー油が入っていないからです。

息子も食べますからね。辛いのなしで。

お夕食に出したところ、「おいしい」との評価をもらいました。まぁまぁおいしかった。ただ、タレは長ネギのみじんぎりは入れたほうがいいと思いました。

写真を撮っておこうと思っていて忘れた~。

by ebineko7 | 2018-12-01 05:21 | ヘルシオを使いこなす | Comments(0)

焼き豚をつくる

新しく、「ヘルシオを使いこなす」のカテゴリを作りました。

私はシャープのヘルシオ(ホットクックじゃなくてオーブンの方)を持っています。

勝間和代さんはヘルシオを2台持ちしていらっしゃって、ヘルシオを使いこなしていらっしゃいます。

私は、ヘルシオは、トースト(すごくおいしく仕上がる)とレンジ機能しか使っていなかったので、これからは積極的にヘルシオを使いこなすことにしました。

ちなみに、なぜ、「勝間式食事ハック」のカテゴリとは別にカテゴリを作ったかというと、勝間さん、今、ヴィーガン(卵や乳製品を含む動物性タンパク質を全くとらない完全菜食主義者)でいらっしゃって、お肉料理とか一切作らないので、別カテゴリが必要だな、と思ったからです。

ヘルシオを使ったお料理の体験談ってあんまりないので、覚書程度に残していこうと思います。

今日は、ヘルシオで作った焼き豚をご紹介しようと思います。

ヘルシオの焼き豚のレシピを見ると、豚肩ロース肉(かたまり)にたこ糸をまきつけてしばる、となっていますが、近所のスーパーで、たこ糸でしばってある豚肩ロース肉が売っていますので、それを使います。

肉をたれに2~3時間つけて、ヘルシオで焼き豚メニューを選んで、ヘルシオにまかせる。以上!

とっても簡単です。

簡単だから、ネットで体験談があまりないのかな?

とにかく、肉をヘルシオに焼いてもらって、粗熱をとってから薄切りにすれば、夕食のメイン料理のできあがりです。

たれは、ひと煮立ちさせて肉にかけます。

家族に好評でした。

ホームパーティとか、持ち寄り料理にもいいな、と思いました。

簡単おいしいので、ぜひおためしあれ。

by ebineko7 | 2018-11-18 04:27 | ヘルシオを使いこなす | Comments(0)