人気ブログランキング |

カテゴリ:勝間式食事ハック( 7 )

エグレヒオ、おいしい!

以前、「調味料にこだわらないことにしました」という記事を書きました。

勝間和代さんがお勧めしている調味料を使っても、近所のスーパーの調味料と違いがわからなかった、という記事です。

で、昨日、お勧め商品の中で唯一未開封だった、オリーブオイルのエグレヒオを使ってみました。

メニューは、トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼです。

エグレヒオとレモン汁を混ぜたところで味を見てみたら、おお、これは今までのオリーブオイルとは全然味が違う!

すっきり爽やか、おいしいオリーブオイルです。

私が今まで使っていたものも、エキストラヴァージンオリーブオイルで、スーパーでは高い方のものだったのですが、これ、全然違う。

さすが2,700円するだけのことはあるわ~。

ということで、エグレヒオ、おすすめです。

by ebineko7 | 2019-05-30 14:57 | 勝間式食事ハック | Comments(0)

炊飯器が壊れる

以前、「勝間和代式玄米ごはん」という記事を書きました。

勝間和代さんの本、「勝間式食事ハック」のとおり、玄米を象印の「極め羽釜」という炊飯器で炊くと、ふっくらプチプチのおいしい玄米が炊けるのです。

すっかり玄米を、極め羽釜の玄米熟成モードで炊く(2時間半くらいかかります)のが習慣になっていました。

玄米生活をすると体調がすこぶるよいのです。

ところが、GW前日、炊飯器で玄米を3合炊いていたら、ピーッと音がなって、炊飯器が止まってしまいました。

E-12というエラー番号が表示されている。

もう一回「炊飯」ボタンを押してみても、E-12が表示されるだけです。

取扱説明書でE-12を調べたら、「故障です。修理に出してください」みたいな、身も蓋もない記述がありました。

とりあえず、炊きかけの3合の玄米をなんとかしなければなりません。

玄米の炊き方を調べて、お鍋で玄米を炊いてみました。

炊けましたが、かなりアルデンテの食感になりました。

(しかし、息子は、「お鍋で炊いた玄米おいしい」と言って、おかわりまでしていた。)

夫が帰ってきた後、炊飯器がE-12を表示して壊れてしまった旨、報告しました。

夫、私と同じように、炊飯器の「炊飯」ボタンを押してみる。

すると、E-12が表示されず、炊飯器が動くではありませんか。

「これで、炊いてみたら?」と夫。

でも、私の予想では、炊飯器が動いても、途中でE-12が表示されて止まってしまうと思いました。

残念なことに、10連休が始まってしまいます。

10日間は、サポートに連絡できません。

次の日、とりあえず1合で、炊飯器の玄米熟成モードで炊いてみる。

すると、予想どおり、途中でピーッとなり、炊飯器が止まってしまいました。

前回と同様、お鍋に玄米をうつして炊いてみる。

ここで、1合をお鍋で炊くと、弱火でとろとろ炊いている途中で、ガスレンジのセンサーが働いて、ガスの火が消えてしまうことがわかりました。

う~む。

とりあえず、炊飯器のエラーが出るまで炊飯器で3合の玄米を炊いて、エラーが出たらお鍋にうつしてガス火で炊くことで10日間しのぐことにしました。

不便だなぁ。

っていうか、炊飯器って、すごく便利な道具ですね。

炊飯器のありがたみがわかりつつ、早く連休終わらないかなーと思ったのでした。

by ebineko7 | 2019-05-01 05:31 | 勝間式食事ハック | Comments(0)

最強飯VS玄米

以前、「最強飯」なるものを主食にしている、と書きましたが、現在は、玄米100%を主食にしています。

最強飯とは、大豆:玄米:麦飯=1:1:1で炊くご飯のことです。

なぜ、現在、玄米を主食にしているかというと、家族と別に最強飯を炊くのが面倒、ということもありますが、最大の要因は、単純に我が家で炊く玄米がおいしいからです。

我が家で炊く玄米は、勝間和代さん式に、象印の「極め羽釜」という炊飯器で、玄米熟成モードで、2時間半以上かけて炊いています。

すごくおいしく炊けます。ふっくら、プチプチしてしみじみおいしい。

ですが、お通じの点からいうと、最強飯に軍配があがります。

たぶん、麦飯をもち麦にしていたからだと思います。

もち麦は、玄米の約4倍の食物繊維があるそうです。

最強飯の方が、お通じ的にはよかったです。(人によって、体質の違いがあるかも。)

あ、あくまでも最強飯と比較したら、玄米の方が劣る、ということなので、白米と玄米を比較したら、玄米生活の方が圧倒的にお通じは良いです。

味の方は、玄米の方が、私の口にはあっています。

両方、いいところがあります。お持ちの炊飯器によって、使い分ければいいんじゃないですかね。(最強飯は、普通の炊飯器の白米モードで炊けますよ。)

by ebineko7 | 2019-03-09 05:11 | 勝間式食事ハック | Comments(0)

勝間和代式全粒粉パン

さて、家で食べるお米は白米でなく、玄米にした我が家。

玄米生活は軌道に乗りました。

で、朝食べるパンも、精製された白パンではなく、精製されていない全粒粉パンにしたいと思いました。

やり方は、勝間和代さんのブログに詳細にアップされています。

「天然酵母で焼く全粒粉100%のパン。ホームベーカリーに任せると、思ったより簡単でした。ご飯を炊く手間くらいのイメージ。」

全粒粉100%のパンは、ドライイーストではなく、天然酵母で焼くとおいしいらしい。

勝間さんいわく、「味は最高です。作ると、あっというまに消滅します。」とのこと。

玄米も、勝間さんおすすめの「象印の『極め羽釜』」で炊いたら、ふっくらプチプチとおいしく炊けたので、全粒粉パンもおいしさを期待してしまいます。

さっそく、勝間さんと同じ天然酵母対応のホームベーカリー「SD-MDX100-W」を購入して、天然酵母を発酵させる機械「ホシノ天然酵母パン種 自動発酵器 HT-08」も購入しました。

で、天然酵母の全粒粉パンを焼いてみたのですが。

結論から言うと、食べてみて、「う~ん、これ、おいしいかなぁ???」という感じでした。

ただ、食べ慣れた今になってみると、一般の白パン(精製された小麦粉のパン)より、しみじみとした味わいがあるかなぁ、と言う感じです。

まぁ、健康にはいいので、全粒粉パン(我が家では黒パンと呼んでいます)を続けていこうと思っています。

で、せっかく作っているので、勝間さんのブログには載っていない情報も提供しようと思います。

天然酵母の発酵方法についてです。

お伝えしたいことが2つあります。

1つ目。

「ホシノ天然酵母パン種 自動発酵器 HT-08」の説明書には、「天然酵母パン種100g~200gを2倍の水で混ぜて発酵させる」という主旨の説明が書いてあります。

つまり、パン種は、最低100g必要ということですね。

ですが、発酵したパン種は、1週間~10日間しかもたなく(HT-08の説明書には1週間で使い切ってください、と書いてある)、100gでは多いので、パン種50gから発酵させたいと思いました。

で、パン種50g、水100gでHT-08で発酵させてみたら、特に問題なく発酵しました。

50g単位の発酵で大丈夫なようです。

2つ目。

パン種を発酵させるには、まず、器材を消毒させると説明書には書いてあります。

私は最初の1回はキッチンハイターで消毒したのですが、2回め以降は、清潔に洗った器材を消毒せずに使っています。

特に問題なく、パン種は発酵します。

これは、自己責任で試してみていただきたいのですが、消毒しなくても大丈夫なようです。

試したい方は、まずは、消毒した器材で一回発酵させてみて、消毒しない器材でも試してみて、同じようにパンがふくらむならOKとすればよいのではないでしょうか。

繰り返しますが、あくまでも自己責任でお試しくださいね。

パン種が無事発酵したら、あとは、勝間さんのレシピに従ってパンを焼くだけです。

全粒粉パン生活にも慣れてきました。

主食を精製していない炭水化物にすることで、ビタミンとミネラルと食物繊維が取れるので、とても健康的になりました。

精製していない炭水化物生活、おすすめします。

by ebineko7 | 2019-03-06 09:55 | 勝間式食事ハック | Comments(0)

調味料にこだわらないことにしました

さて、勝間和代さんの「勝間式食事ハック」ですが、調味料にはこだわるように、という記述があります。

塩、醤油、味噌、オリーブオイル(勝間式食事ハックでは、これくらいしか調味料を使わない)を「ちゃんとしたものを買ったほうがいい」とおっしゃっており、塩とオリーブオイルは本の中で勝間家で使っている商品の名前を紹介していらっしゃいます。

醤油、味噌は、本では商品名が書かれていませんが、ブログで使っている商品を紹介していらっしゃいます。

おすすめの調味料に関しては、勝間さんのブログで公開していらっしゃるので、ここで調味料をご紹介します。

・塩・・・わじまの海塩500gパック(1,900円)
・醤油・・・井上古式じょうゆ900ml(1,037円)
・味噌・・・浅利佐助商店百年蔵みそ500g(788円)
・オリーブオイル・・・エグレヒオ(オーガニック)(2,700円)

(値段は、8月何日かのAmazonでのお値段です。)

「勝間式食事ハック」を買ってすぐ、これらの調味料をAmazonで買い揃えました。

で、さっそく使ってみたのですが・・・。

ん?「ちゃんとしたもの」を使ったけど、あんまり味に変わりがないよ?

私の舌がおかしいのかと思って、昨日、調味料をお塩(勝間さんおすすめの塩)だけで作ったホワイトシチューを作り、夫に、「なにか味が違う?」ときいてみたのですが、夫、「わからない。」という。

お塩を変えたんだけど、というと、もう一口食べて、やっぱりわからない、という。

私はお塩を変えたとわかっているので、今までより多少マイルドになっているなーとわかりますが、あまり気にならない差です。

(ただ、スーパーで手に入るお塩は、普通の精製塩ではなくて、ミネラルが豊富というお塩を使っています。南米からの輸入品のようで、とてもお安いです。)

お味噌は、勝間さんおすすめのお味噌は私には合わなかったし(私はより甘めのお味噌が好み)、お醤油も、いつもスーパーで買っている「キッコーマン いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ」より多少マイルドかなーという程度でした。

(オリーブオイルはまだ未開封です。)

というわけで、我が家は、調味料にこだわらず、スーパーで手に入る調味料を使うことにしました。

スーパーで手に入る調味料を使えば良い、とわかったことで、精神的に楽になりました。

Amazonで調味料を買うことを考えると、億劫ですからね。

塩だけなら、そんなに量も重さもかさばることなく、使ったとしてもごく少量で、長く使えますから、Amazonで注文するのもいいのですが、問題はお味噌とお醤油ですよね。

前の記事でも書いたとおり、私はAmazonの配送はコンビニ受け取りを利用しているし、夏場は配送するトラックの荷台が高温になるそうで、お味噌とお醤油はどうやって夏場確保しようと思っていたところだったのです。

スーパーでいつでも手に入る調味料を使えるのは、精神衛生上とてもよろしいです。

それもこれも、いったん高価な調味料を試してみたからこそ言えること。

みなさんも、一度は勝間さんおすすめの調味料を試してみてください。それで、「スーパーの調味料でいいや」という結論ならいいですし、「やっぱり高い調味料は味が違う!」となれば、それはそれで幸せなことだ、と思います。

by ebineko7 | 2018-11-14 04:20 | 勝間式食事ハック | Comments(0)

スーパーの玄米でもおいしく炊けました

勝間和代さんの「食事ハック」に従って、玄米を主食にしだしたえびねこ家。

勝間さんは、玄米の銘柄について、「Amazonフレッシュでは、それほどおいしい玄米がなかったので、Amazonの通常配送でホクレンの「北海道玄米 玄米さらだ」を買っています」と書かれています。

私も、勝間さんのおすすめの玄米さらだを購入して、炊いてみたらおいしかった。

ただ、Amazonでお米を購入し続けるのはちょっと抵抗がありました。

私、Amazonでお買い物をする場合、極力コンビニ受け取りを利用しています。家で待っていなくてよいのでとても便利。

コンビニ受け取りなので、3kgもあるお米をAmazonで買うのはちょっと困る。

また、Amazonの通常配送は、夏場はトラックの中がものすごく暑くなるようで(60度くらいになる、とどこかで読んだ)、生鮮食品のお米を高温にさらすのはよくないと思うので、夏場はどうやってお米を確保するか考えなくちゃいけない。

それに、もっとお安い玄米も試してみたい。

だいたい、白米も、高い白米を炊いても、あんまり違いがわからない。玄米も同じではないのか?

というわけで、今回の記事は、近所のスーパーで買った玄米でもおいしく炊けるか?を実験します。

近所のスーパーで買った玄米は、「佐賀県産ヒノヒカリ」という玄米で、2kgで800円代だったかと思います。(←玄米はこれしか売ってなかった)

さて、肝心の水加減ですが(玄米は、水加減が難しいのです)、玄米の袋に、「1合 330cc」と明確に指定されています。

ただ、これは、玄米を水ですすいだ後に入れる水の量です。

私は玄米はすすぎませんので、水加減どうしようかなぁと思いました。

で、340ccにしようと思い立ち(なぜ10ccだけ増やそうと思ったのかは謎)、1cc=1gであるだろうという前提で、デジタルスケールで水340gを量りまして、それで水加減することにしました。

さて、玄米の袋には、2時間くらい水につける、と書かれていますが、炊飯器の説明書には、水にはつけないで炊いてください、と書いてある。

ここは炊飯器の説明に従って、水加減してすぐに玄米熟成モードで炊き始めることにする。

炊き始めてから、水ですすいでから炊かなかったことを後悔しはじめる。

10cc水を多くしても、水分がかなり足りないのでは?と思ったからです。

まぁ、今回は実験ということで、炊きあがりを待つしかない。

2時間半後、玄米が炊きあがりました。

蓋を開けて、さっくり混ぜてみると、ん?上手に炊けているかも?

食べてみたら、とてもおいしく炊けていました。玄米さらだと区別がつきません。

やったー!

水加減340cc、大成功!

スーパーの玄米でも、おいしい!

というわけで、これからはヒノヒカリをおいしくいただこうと思います。

それにしても、玄米の銘柄で水加減が全然違うのですね。「食事ハック」買ってよかったです。

by ebineko7 | 2018-11-14 03:30 | 勝間式食事ハック | Comments(0)

勝間和代式玄米ごはん

勝間和代さんの「勝間式食事ハック」(本です)、発売前から予約して購入しました。

普段、勝間さんのブログをチェックしているので、目新しいことは書いてなかったのですが、勝間さんの食事に対する姿勢が体系的に学べてよかった。

(夫に読んでもらって、勝間式の食事づくりに理解を得られたのがよかった。何しろ、勝間式食事ハックは、最新の、しかも上位機種の電化製品を複数購入することが前提なので、夫の理解が不可欠です。)

で、勝間式食事ハックでは、主食のごはん、パンをそれぞれ茶色いもの(精製されていないもの)を食べることを推奨しています。

具体的に言うと、ごはんは白米ではなく玄米ごはん、パンは全粒粉パンです。

玄米ごはんと全粒粉パンは普通に作るとおいしくないらしいのですが、勝間式で作ると、時間はかかるのですが精製されたものよりもおいしくできるのだそうです。

今日は、玄米ごはんをちょっと試行錯誤してうまく炊けるようになったので、その紹介をしようと思います。

まず、玄米ごはんを上手に炊くには、適した炊飯器を購入することが必要です。

勝間さんは色々試して、象印の「極め羽釜」(ただし、南部鉄器ではなく鉄器コートの方)という炊飯器をおすすめされています。

早速、家電量販店に「極め羽釜」を買いに行きました。

買いに行く前に、Amazonで「極め羽釜」(鉄器コート)の値段と型番を調べていきました。型番は「NW-AB10-TZ」でした。

家電量販店で見たら、「極め羽釜」が2種類あり、どちらも型番が違う。どちらを買えばいいの?どちらも勝間さんの炊飯器とは違うの?勝間さんの本には型番が書いてなかったので、どうすればよいのかわからない。

お店の人に、「おいしく玄米を炊きたいんですけど」と相談しても、お店の人も詳しく知らないらしく、らちがあかない。

家電量販店で買うのはあきらめて、Amazonで「NW-AB10-TZ」を購入することにしました。この機種だと思うんだけど、違っていたらどうしよう、と思いながら。

で、玄米は、これまた勝間さん推薦の、「北海道産玄米 玄米さらだ」をAmazonで購入することにする。

さて、玄米と炊飯器は揃いました。

勝間式玄米の炊き方を読むと、玄米は水加減が難しいと書いてある。1合あたり、245ccの水加減と書いてあり、5cc単位の増減で、炊きあがりがくちゃくちゃになったり、固くなったりするみたい。

最初から本の水加減に従えばよかったんですが、私は、玄米さらだに書いてある炊き方を見て、「水加減は炊飯器に玄米モードがあったらそれに従え」みたいなことが書いてあったので、玄米2合を計った後、炊飯器のお釜の内側に書いてある、玄米の2合の線に合わせて水を入れました

果たしてどうなるか。

極め羽釜で玄米を炊くには、熟成モードで炊きます。2時間半くらいかかるので、早めの準備が必要です。

わくわくとドキドキの中、初めて玄米が炊けました。

しかし!食べてみたら、べっちょりです。水が多すぎる。失敗です。なんで2合も炊いちゃったんだろう。1合で試せばよかった。

そして、数日後。

今度は、勝間さんの本に書いてあるとおりに水加減をしようと思いました。

先にも書いたとおり、水加減はcc単位で合わせるように書いてある。

私は水をcc単位に体積を計るのは難しいと思いましたが、よく考えたらお水は1cc=1gなんだから、グラム単位で重さを量ればいいのでは?と思いつく。

グラム単位なら、うちにデジタルスケールがあって、0.1g単位で重さを量れるので、かなり正確な水加減ができます。

で、本で指定された水加減をデジタルスケールで量って、水加減をしてみました。

そうしたら、本には、「ちなみにうちの象印の炊飯器だと、この分量だともともと引いてあるお釜の内側の玄米の線に対してやや少ないイメージです」と書いてあるのに対し、我が家のお釜では、内側の玄米の線を大幅に下回る水加減になりました。0.5合の線に近い水加減になりました。

え~、こんなに水が少なくて炊いちゃっていいわけ?

1cc=1gって前提が間違っているの???

まぁ、とりあえず、失敗してもともとと、1合炊いてみることにしました。

2時間半後、炊けた玄米を食べてみたら、水加減がちょうどいい!プチプチ、もちもちの玄米が炊けました!

グラム単位で水加減してみてよかった。

炊けた玄米を食べてみると、確かにおいしく、普通に続けたいおいしさです。

主食を玄米にすると、栄養素が削られていないので、副菜で栄養をとることに手が抜けるらしいです。

(よく、「一日30品目」と言いますが、これは白米を食べることが前提です。玄米にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれているとのこと。)

買った炊飯器も間違っていなかったみたいだし、水加減のコツもわかったし、このまま玄米生活を続けようと思います。

次は、スーパーで購入できる玄米を使っておいしく炊けるのか試してみるつもりです。Amazonで都度購入するのは面倒ですからね。

by ebineko7 | 2018-11-04 06:21 | 勝間式食事ハック | Comments(0)